トップページへもどる マグネッツ大阪店 マグネッツ神戸トアウエスト店
q@magnetsco.com
WHAT`S NEW TWITTER  ABOUT US PARTNER LINK

 Weekly Magnets vol.002

私たちマグネッツが扱っている古着を皆様にもっと興味を持っていただき、古着のすばらしさを
お伝えできればと思い、その歴史やディティールのことについて紹介していきたいと思います。

BIRKENSTOCK

自分のファッションを振り返ってみても最近まではサンダルを履く習慣があまり無く、
ここ数年でサンダル、特にビルケンはすっかり定番アイテムとして定着した様に思います。
夏はもちろんのこと、真冬は少し寒いかもしれませんがフリースなどの柄のソックスを
履いて合わせても良し!と以外に年間通して何かとコーディネートできる可愛いやつ。
前回紹介しましたリーバイスの646や517との相性もバッチリの、一度買ったら病み付き、
何足でも欲しくなってしまうサンダルです。

BIRKENSTOCK の歴史
1774  創始者ヨハン・アダム・ビルケンシュトックが協会の公文書に「巨王の靴職人」として登録される。
1896  シューマイスター、コンラッド・ビルケンシュトックがフランクフルトで2件の靴専門店を開店。
 足裏の凹凸に合わせた中敷、フットベッドの製造をはじめる。
1899  オーダーメイドシューズにフットベッドを入れるという、画期的なアイデアを発案。15年間にわたり
 オーダーメイドシューズに関する考えを広めるため、ドイツ国内とオーストリアのマイスター達や、
 ギルドを対象に靴の専門知識の講演に努め、ライセンス契約を締結する。
1913  コンラッドビルケンシュトックの長男、カールが入社。
 整形外科医であった彼はフットベッドの進化とその医学理論付けに貢献する。
1915  コンラッド・ビルケンシュトックは、第一次大戦中にフランクフルトにあるフリードリッヒスハイム
 野戦病院で負傷兵のための整形外科靴の製作に従事する。その靴と技術が医学博士に認め
 られ、普及のための援助を受けるようになる。
1925  コンラッド・ビルケンシュトックの孫、コンラッド・ビルケンシュトック・ジュニアが入社。フリードベルグ、
 ヘッセンに大規模な工場を建設。24時間製造を開始。ブルーフットベッドの量産に乗り出す。
 ブルーフットベッドは、オーストリア、フランス、デンマーク、チェコスロバキア、イタリア、ルクセンブルグ、
 ベルギー、ノルウェー、オランダ、スウェーデン、スイスで販売が始まる。
1932  後に有名になった専門教育「ビルケンシュトック講習会」が始まる。5000人以上の専門家が受講し、
 著名医学者たちの賛同を得る。
1947  専門書「Fussorthopadie System Birkenstock(足の整形外科ビルケンシュトック方式)」発刊。
1954  カール・ビルケンシュトックが入社。フットベッドを使用したサンダルの開発に着手し、60年代初頭には
 商品化に成功する。
1966  60年代初頭、カールビルケンシュトックが初のサンダル「マドリッド」を開発する。
 サンダルを発売してから問い合わせが殺到する。
 色を活用した足の測定法を開発、各国に特許を取得。
1969  熱を加えることによって成型可能な「ビルコ・コルク」を開発。
 多様な製品にコルク製フットベッドの活用が可能になる。
1972  「Buch der Gesundheit(健康のための本)」発刊。
1979  ザンクト・カタリーネン(ドイツ)に最新穿孔機を投入した工場完成。開発に3年かけ、
 トングサンダル5モデルが発表される。
1980  初めて開発された特殊なコンピューター制御・プログラム可能な形成装置を設置。
 フッドベッドの型抜きがされる。
1983  「BIRKENSTOCK 足の入門書」を刊行。発行部数は36万部。
 トングサンダルが2つの特許権獲得。
日本で初めて総輸入代理店が出来る。
 「(株)三栄コーポレーション」
1984  カール・ビルケンシュトックの次男、アレックス・ビルケンシュトックが入社。引き続きトングサンダルが
 新たに6つの特許を獲得。「フットベッド」の特許が10年更新される。
1985  ビルケンシュトックシューズ(LONDON等)が長い試作の上完成し、商品構成の仲間入りをする。
1987  BOSTONの生産をきっかけに、初めてサイズ50まで、すべてのビルケンシュトックが2種類の
 幅で発売される。
専門店用の特別カタログの配布と宣伝を開始。
1988  カール・ビルケンシュトックの三男、クリスチャン・ビルケンシュトックが入社。環境保護のため、
 溶解物質の入っていない糊が製造に使用されるようになる。
1989  ソールメーカーのアルザ社を買収。アスバッハの工場でソールとコルクフットベッドの生産を開始。
1990  カール・ビルケンシュトックの長男、ステファン・ビルケンシュトック入社。東西ドイツ統一を機に、旧東ドイツ 
 のザクセンに3つの生産部門を確保する。アレックス・ビルケンシュトックが
TATAMI(タタミ)を設立。
1991  BIRKENSTOCK BUTIQUEがPAPILLIO(パピリオ)ブランドとなる。
1993  Birki's(ビルキー)ブランド設立。
1994  Betula(ベチュラ) ブランド設立。
1995  コンフォートシューズブランド、FOOTPRINTS(フットプリント)ブランド設立。
1998  ドイツ・ビルケンシュトック社、本社をフェテルショス(ドイツ)に新築移転する。
1999  ビルケンシュトック創立225周年を迎える。
2002  (株)三栄コーポレーションからビルケンシュトック部門を分離し、(株)ビルケンシュトックジャパンが設立。

PAPILLIO(パピリオ) ビルケンシュトックから派生した最初のブランド。スタイルはビルケンシュトックのモデルをベース
に、毎シーズン斬新かつブライトフルなコレクションを発表。機能とファッションの融合を実現しているコレクションです。

Birki's(ビルキー) ウォッシャブルサンダルやガーデニングスリッパなど水場で活躍するアイテムからスタート。今では
オリジナルデザインのコルクラインも発表しバリエーションも豊富。最近ではモード・ストリートブランドとのコラボも展開。

TATAMI(タタミ) クラシックの高級ラインとして従来のフットベットよりコルクの含有量を30%増量しアッパーは革のみ
の商品構成を売りに販売が開始され、2000年よりエレガンスユースを意識したスタイルの開発に取り組んでいる。


なんと200年以上もの歴史があったんですね。調べてみてビックリです。
ビルケンには様々なモデルが存在しますが、次は名称とその特徴を紹介します。
掲載している商品は全て当店で販売しているものです。


PARIS パリ MENPHIS メンフィス MONTANA モンタナ
 遊び心を感じるデザインはさすが名
 前のとおりのシューズタイプモデル。
 ビルケンのシューズタイプの中でも
 最もシンプルなモデル。
 シューズタイプですがアウトソールの
 作りはサンダルと同じ人気モデル。
ZURICH チューリッヒ BOSTON ボストン LONDON ロンドン
 オリジナリティのある甲部分のストラ
 ップデザインが唯一無二のクラシッ
 クモデル。
 年間通して履かれるビルケン人気を
 不動のものにしたクラシックモデル。
 モンタナと同種のシューズタイプ。
 あらゆるコーディネートにマッチする
 万能モデル。
MILANO ミラノ FLORIDA フロリダ ARIZONA アリゾナ
アンクルストラップが上品な印象。
ちなみに写真のものはインソール
もレザーのビルケン最高級ライン。
 今やアリゾナと人気を二分するクラ
 シックモデルで、柄も豊富。
 「最も成功したサンダルモデル」と言
 われ30年以上作り続けられている。
PISA ピサ GRANADA グラナダ LUCCA ルカ
 ビルケンの中でも最近リリースされ
 た比較的新しいモデル。
 アリゾナがより繊細になったようなデ
 ザインで人気急上昇のモデル。
 太目のストラップとレースアップのデ
 ザインが無骨な印象のモデル。
BARI バリ RAMSES ラムゼス MADRID マドリッド
 名前のとおり南国風情たっぷりの
 涼しげなデザインのモデル。
 アリゾナとともにビルケンの中でも
 ポピュラーなトングタイプサンダル。
 記念すべきビルケン第1号モデル。

数あるビルケンのモデルの中でもよりポピュラーで、当店に比較的多く入荷したモデルを紹介してみました。


BIRKENSTOCK サイズ表




 
WHAT`S NEW TWITTER  ABOUT US PARTNER LINK